まだC2J.jpに登録されていない方
安心便利簡単!
無料会員登録
会員登録すると・・・
① 直接中国サプライヤーに問合せができる!
※工場所有サプライヤー多数
② C2J.jpの充実したサービスがご利用できる!
③ 最新の商品仕入れ情報やメーカーリストが手に入る!
会員IDをお持ちの方はこちらから
会員IDが必須です。
パスワードが必須です。

ユーザID、またはパスワードに誤りがあり、

ログインできませんでした。

ログインしたままにする

日中ニュース>詳細ページ

新エネ乗用車の小売市場普及率が初めて50%突破、石油燃料乗用車を上回る―中国
発信時間: 2024-04-23 14:06 | 引用元: http://j.people.com.cn/ | 訪問回数: 948

   中国自動車流通協会乗用車市場聯席分会が発表した最新データによりますと、4月1日から14日までに中国新エネルギー乗用車(電気自動車EV、プラグインハイブリッド車PHV、燃料電池車FCV)市場の小売台数は前年同期比32%増の26万台で、小売市場での普及率は50.39%に達し、初めて従来の石油燃料乗用車を上回りました。

   中国の新エネルギー自動車はここ20年来、驚くべき速度で発展しています。中国の新エネルギー自動車は、2005年から2015年までの10年をかけて小売市場での普及率がようやく1%を突破しましたが、5%に上昇するには2016年から2019年まで5年かかり、石油燃料乗用車が依然として市場の主流でした。しかし2020年を分水嶺(れい)として、中国は2035年までに新エネルギー自動車の市場普及率を50%超に引き上げる目標を定めました。その後、中国の新エネルギー車の普及率は爆発的に上昇し、2021年に14%、2022年に27%、2023年に33%を突破しました。

   業界専門家は、新エネルギー自動車の普及率の向上に伴い、関連産業チェーンも盛んに発展し、電池、モーター、電子制御などの重要部品の製造や充電施設の整備を含め、中国製造業のモデルチェンジとグレードアップがさらに促進されるとの見方を示しています。